ターゲッティングはなぜ必要か?

コピーライティングにはさまざまな型があり、その知識があれば、コピーライティング初心者でも、売れるセールスレターを書くことができます。
中でも、特に有名なのが「QUESTの法則」です。

 

 

QUESTの法則は、見込み顧客となるターゲットを探して追求することによって、高い成功率を得ることができるコピーライティングの型です。
主に、ライディングページやセールスレターといった、顧客に直接情報を伝える商法に使われます。
対象としているターゲットは、悩みや問題がはっきりしている人で、商品をダイレクトに宣伝する場合に有効です。

 

 

そのため、QUESTの法則でポイントとなるのは、「問題意識を持って自分ごと化させるために、ターゲット層をより絞ること」です。
ターゲットを選ぶ手法(ターゲッティング)を失敗すると、どんなに優れた文章を書いても読んでもらえないでしょう。
ライディングページやセールスレターは、小説や漫画のように「前から読みたかった」というものではないですし、繰り返し読むものでもありません。
あなたも、2~3行読んだだけでやめてしまった経験はあるでしょう。

 

 

では、なぜターゲッティングが必要なのでしょう?今では、インターネットが普及し、パソコンやスマホから多くの情報を簡単に得ることができます。
また、動画サイトやSNSも当たり前のように使われており、昔とは比べ物にならないほど情報であふれています。
それにより、現代人の趣味や趣向はどんどん広がっています。

 

 

そんな時代に、文章でよりたくさんの人にメッセージを届けようとするのは、かなり難しいことです。
文章で伝えるには、「これは自分にとって重要なことだ!」と感じることができなければ、最後まで読んでくれないでしょう。
そのため、ターゲッティングによって、メッセージを届ける層を計画的に絞ることが大切なのです。

 

 

ターゲッティングの方法としては、細かい条件を設定したユーザー像“ペルソナ”を設定します。
ペルソナは、名前、年齢、性別、職業、年収、住まい、家族構成、趣味など、仮想の人物を細かく設定します。
それにより、そのペルソナに響く文書が書きやすくなります。

 

 

ただ、より効率的で簡単な方法として、「ペルソナを実在する人物に設定する」こともおすすめです。
家族や友人など、趣味趣向をよく知っている人をターゲットに設定するのです。
その人に対してメッセージを伝えるように、言葉や話題を選んで文章を書くことで、相手の心に響きやすくなるのです。