反応が得られるコピーの共通点

コピーライティングをする時にとても役に立つのが「QUESTの法則」です。
QUESTの法則は、5つの要素を順番に沿って書いて行くだけで、商品の購入率を上げることができます。

 

 

ただし、QUESTの法則などのコピーライティングのテクニックばかり学んでも、マインドセットがしっかりできていないと、売り込み感が強くて出て、読者に嫌な気分にさせてしまいます。

 

 

優れたコピーライティングとは、ユーザーから良い反応を得ることができるものです。
反応が得られるコピーには共通点があるので、よく確認してみてください。

 

 

・文章を通して、ターゲット像が一貫している。

 

 

・ターゲットのニーズがわかりやすく、未来に求めるものを想像しやすい。

 

 

・ヘッドコピーを見た瞬間に興味を引く。

 

 

・文章の最初の分を読んだだけで、その先を読みたくなる。

 

 

「人を操って商品を買わせよう」と悪いことを考えている人が作成する文章は、少し読んだだけで怪しさを感じたり不快な気分になったりします。
しかし、良いマインドを持って書かれた文章は、とても心地よく読むことができ、心に響くのです。

 

 

良いマインドとは、「販売する商品に惚れこむ」「競合優位性のある商品について文章を書く」「テクニックだけに力を入れず、わかりやすさも重視する」「1つ1つの文章に目的を込める」「人を操ることなど考えない」ということです。

 

 

また、文章を書く時間を短縮させたり、書き直しを減らしたりするには、事前の準備をしっかり行わなければなりません。
それに、準備の段階で、セールスレターの反応率はある程度決まっているとも考えられるのです。

 

 

そのため、次にあげるポイントを確認して、事前の準備をしっかり行いましょう。

 

 

・販売する商品を徹底的にリサーチする。

 

 

・ターゲットの悩みや不満をリサーチする。

 

 

・ターゲットの心理を把握する。

 

 

・ターゲットが日常的に使っている言葉をリサーチする。

 

 

・ターゲットが文章を読み進める前に、どんなことを考えているか把握する。

 

 

・ライバルを明確にして、勝てる点や負ける点などをリサーチする。

 

 

・文章を書く時間の何倍もリサーチに時間をかける。

 

 

・文章全体の構成を練って、1つ1つの要素を丁寧に書いていく。

 

 

・自分たちが伝えたい主張をしっかりまとめておく。

 

 

・ターゲットが抱えている悩みをなぜ解決できないのか、その理由を明確にする。

 

 

コピーライティングで重要なことは、読者が求めているものをすぐにでも欲しくなるように文章を書くことです。
文章だけで商品を売り込むので、かなり難易度の高い営業ですが、読者にとって大きなメリットがあることが伝われば、成功に導くことができるでしょう。