コピーライティングでの注意点

ビジネスマンに必要なスキルの1つとして、コピーライティングがあります。
コピーライティングのスキルを高めると、ビジネスにおいて高い収益を得られることもあります。

 

 

企業では、コピーライティングを身につけ、インターネットで商品を売る流れを自動的にできるようになれば、多くの収益を見込めます。
個人でも、コピーライティングのスキルを武器にして起業する人も増えています。

 

 

コピーライティングには、初心者でもセールスレターが簡単に書けるという基本の型があります。
中でも有名なのが「QUESTの法則」です。
しかし、QUESTの法則などのテクニックばかり勉強していても、読者はロボットではないので、確実に反応を取ることはできません。
それに、読者の感情を動かすことができなければ、最初から読まずに離れてしまいます。

 

 

ここで注意してほしいのが、「コピーライティングのテクニックを身につけて、インターネットで商品を販売すればどんどん売れる」という思い込みです。
確かに、コピーライティングは、素晴らしい成果をもたらしてくれることがあります。
しかし、読者が「この商品は自分には必要ない」「買ってもきっと役に立たないだろうな」と思えば、当然売れません。
商品が売れるということは、ターゲットが必要だと思ってくれるからです。

 

 

人の心理を知り尽くしているコピーライターの中には、巧みな表現を駆使し、人を操るようにして商品を売っている人もいるようです。
しかし、そのようなやり方では、商品を買ってくれた人からの信用は失われますし、その人からはもう二度と買ってもらえないでしょう。
また、最悪の場合、詐欺として扱われる危険性もあります。

 

 

コピーライティングの力がある程度付いてくると、「とにかく商品が売れればいい」という考えになることもあります。
そして、「売る必要のない人に売ってしまう」ということもあるようです。
せっかく高めたコピーライティングのスキルを、消費者を騙すようなことに使わないようにしましょう。

 

 

また、商品の特徴やメリットを越える表現をしてはいけません。
それは“誇大広告”になります。
コピーライティングのスキルを極めたからといって、何を言っても良いわけではありません。
コピーライターの最低限のマナーとして、自分が販売する商品を自分で購入して、その特徴などを十分に理解し、それを越えないギリギリのラインまで表現することが大切です。