見出しで読者を引き込むには?

コピーライティングの世界には、「PASONAの法則」や「AIDMAの法則」、「QUESTの法則」など、読者の心に響かせる文章を簡単に書くことができるフレームワークがたくさんあります。
その中でも、コピーライティング初心者でも比較的使いやすいのが、「QUESTの法則」です。
QUESTの法則を使って、セールスレターを作成していくと、人を引き込む文章を書くことができると言われています。

 

 

セールスレターで特に重要な部分が、読者が最初に目にする“見出し”です。
情報を発信する際に重要なのは、読者に情報を伝えることです。
また、伝えるためには、相手に文章や言葉が届かないといけないので、記事の内容を読んでもらう必要があります。

 

 

情報過多な現代人は、文章1つ1つをじっくり読む人は少なく、流し読みをする人がほとんどだと言われています。
インターネットでキーワード検索をして、いち早く自分に最適なページを見つけたいと思った時も、見出しや文章の冒頭だけサッと読んで、その後の本文を読むか読まないか判断しているのではないでしょうか。

 

 

そのため、どんなに価値のある優れた文章を書いても、見出しを読んで「これは自分には必要ない」と感じたら、スルーされてしまうでしょう。
人は、自分の興味のあることや関係のあることにしか反応しないのです。

 

 

セールスレターの見出しには、次の4つの役割があります。

 

 

・注意を引きつける

 

私たちの脳は、その時に必要ないと思ったものは、全く興味を示しません。
そのため、読者の感情を揺さぶって、読みたくてしょうがないコピーを書く必要があります。

 

 

・見込み顧客を絞り込む

 

見出しでメッセージを伝えたい人を選別して、その見込み顧客だけに届けるように書くと、強く響く文章が書けます。

 

 

・一番伝えたいことを一瞬でわかるように伝える

 

初めから興味のある内容でない限り、ほとんどの人が見出しだけ読んで離れてしまいます。
そのため、パッと見ただけでベネフィットが理解できる見出しである必要があります。

 

 

・本文へと引き込む

 

見出しは、そこから興味を持ってもらい、本文へと導く役目があります。

 

 

興味や好奇心を刺激して、セールスレターに引き込むためには、次の方法が有効です。

 

 

・リスクなしでベネフィットを導き出す方法を示す。

 

 

・悩みや苦痛から解放される方法を提案する。

 

 

・「もしあなたが〇〇すれば、理想が叶います」と読者を試して引き込む。

 

 

・非現実的なことが叶うと約束する。